アルバイトがキャッシングの審査に通りやすくするコツをズバリ解説

アルバイトがサクッとキャッシングの審査に通るコツは?

アルバイトだってお金を借りたいときがあります。

 

急な出費でどうしてもお金を借りたい事情があることも無きにしもあらずです。

 

 

 

そんな時に役立つのがキャッシングです。

 

 

 

今ではアルバイトの方も簡単にキャッシングが出来ます。

 

大手でも銀行系でもアルバイトでもキャッシングが可能。

 

 

 

そして非正規雇用者が激増している日本では、アルバイトだからといってキャッシングの審査が不利になることはあまり無いです。

 

 

 

でも、それでもやはり「少しでも高い確率でキャッシングの審査に通りたい!」・・・・と願うアルバイトの方もいるでしょう。

 

 

 

アルバイトの方がキャッシングの審査に通りやすくするには一体どうしたらいいのか?

 

 

 

 

(アルバイトでもキャッシングの審査が通りやすくする方法)

 

 

1)アルバイトでも審査が通りやすいキャッシング会社を選ぶこと

 

 

これは大事です!

 

なるべくアルバイトでも審査の甘い業者選びが審査通過の大きなウェイトを占めます

 

 

 

2)収入証明をしっかり用意すること(源泉徴収票が望ましい)

 

 

アルバイトの方だと「数か月分の給料明細でもOK」とするキャッシング会社も多いですが、できれば年間の収入がわかる源泉徴収票が望ましい。

 

こちらの方が収入安定性を証明できます。

 

 

 

3)在籍確認がしっかり取れる職場の電話番号をキャッシング会社に伝えること

 

キャッシングの申し込みをすると、キャッシング会社は必ず「在籍確認の電話」をあなたの職場にを行います。

 

在籍確認とは、あなたが本当に働いているのかをチェックするキャッシング会社の作業です。

 

あなたが無職で無く本当に働いていて収入があるかどうかの重要な確認となるのです。

 

 

 

その在籍確認の電話でいつも留守が多い職場の電話番号とかだと在籍確認が取れずに、審査に落ちてしまう場合があります。

 

受かるはずのキャッシング審査に落ちない為にも職場の電話番号は必ずつながる番号を記入しましょう。

 

ちなみに在籍確認の電話はキャッシング会社の名前を名乗って電話してくることはありません。

 

個人名で電話確認をしてくれます。

 

だから、あなたがキャッシングの申し込みをしたことが勤務先の職場にバレることはありません。

 

 

 

4)短期間に多くのキャッシング会社に申し込まないこと

 

 

これは重要です。

 

短期間に多くのキャッシング会社に申込みをしまくると、審査に通り難くなります。

 

 

なぜならキャッシング会社は短期間に多くの業者に申込みしまくる人を「何件もたくさん借りて借り逃げするのでは?」と警戒するからです。

 

 

キャッシングの申込みは3カ月以内に3社程度に留めておくのが無難です。

 

できれば3カ月以内の申込みがゼロが一番理想です

 

 

 

5)他社借り入れ件数を減らすこと

 

 

既に他社の借り入れが何件もある人は新規の融資審査は不利となります。

 

借り入れ件数が多ければ多いほど返済能力が悪くなるからです。

 

 

 

キャッシング会社も返済能力が悪くなりそうなお客にはお金を貸したがりません。

 

出来るだけ借り入れ件数を減らすようにしましょう。

 

 

 

借り入れ件数を減らすのが難しい人は新規の融資は我慢したほうが無難です。

 

なぜなら、仮に借りれたとしても多重債務で苦しむことになるからです。

 

 

 

・・・・以上、アルバイトの方でも審査に通りやすくする方法を解説してきました。

 

参考になったでしょうか?

アルバイトがキャッシングの審査に通りやすくするコツ記事一覧

アルバイトでキャッシングの審査に通らない人、通り難い人は?

最近ではキャッシングも門戸を広くしておりアルバイトの人でも審査は通るのが普通です。アルバイトの人でも毎月安定した収入があれば問題なくキャッシングの審査は通るし、問題なく融資が受けられます。しかし、その中でもなかなかキャッシングの審査が通らないアルバイトや、なかなか審査が通りにくいアルバイトの方もいま...

≫続きを読む