アルバイトでも借りれる緩いキャッシングをズバリ厳選

アルバイトでもお金が借りれるキャッシングについて

当サイトは、アルバイトなどのフリーター、非正規雇用者の方でも簡単かつ安心してお金が借りれる審査の緩いキャッシングをご紹介しております。

 

 

アルバイトは通常、ローンやクレジットなどの審査が通らないとか、通り難いと、よく言われておりますが、それは都市伝説といえます。

 

 

今ではアルバイトでも簡単にお金が借りれる審査の甘いキャッシングが数多くあります。

 

 

アルバイトでもキャッシングでお金を借りたい人は、「アルバイトOK」のキャッシング会社を的確に選び、間違いの無い申し込み手順で行いましょう。

 

そうすればアルバイトの方でも本当に簡単にお金を借りることが可能です。

ぶっちゃけアルバイトでもキャッシングでお金が借りれるのか?

キャッシングはもともと「サラ金」と呼ばれておりました。

 

サラ金は「サラリーマン金融」の略です。

 

 

 

 

つまり「正社員のサラリーマン」を対象としたローンがサラ金です。

 

そのサラ金は今ではキャッシングとかカードローンとかスマートな名前で呼ばれいますが元はサラ金であることには変わりありません。

 

 

 

さて、そのサラ金(サラリーマン金融)であるキャッシングがサラリーマン以外の雇用形態の人間にお金を貸すでしょうか?

 

 

例を挙げると「アルバイト」、「パート」、「派遣社員」や「契約社員」などの非正規雇用者にお金を貸すでしょうか?

 

 

 

 

結論から言いますと今ではキャッシング会社の大半がアルバイトでも借りれる体制が整っています。

 

大手キャッシング会社は勿論、銀行系、銀行カードローン、信販系、中小の街金系などもアルバイトでも借りれる所が増えました。

 

 

 

だから現在アルバイトとして働いていて、何らかの事情によってキャッシングでお金を借りたいと思っている人は心配ないです。

 

アルバイトでも安心してお金が借りれるキャッシングが数多くあります。

アルバイトでもキャッシングでお金が借りれるようになった理由

最近ではアルバイトなどの非正規雇用者の方でも簡単にキャッシングでお金を借りれるようになりました。

 

 

 

なぜアルバイトでも簡単にキャッシングできるようになったのかと言いますと、今の日本の雇用背景にあります。

 

つまり正社員待遇のサラリーマンが減少傾向にあり、代わりにアルバイトや派遣社員などの非正規雇用者が激増している背景があるからです。

 

 

 

今の日本の非正規雇用者の割合は35%以上です。

 

今後もっと増えるでしょう。

 

 

 

アベノミクスによって景気が回復したように思えますが、日本全体を見渡すと全然回復しているとは思えません。

 

一部の大手上場企業だけが恩恵を受けているように思えます。

 

 

 

雇用に関しても一部大手企業は正社員(新卒)の就職率が良くなっていますが、日本企業のほとんどである中小企業の景気は依然として変わりません。

 

 

 

企業としても少しでも経費を節減し経営体力を維持して行く為には人件費を削っていくしかありません。

 

一番手っとり早いのは正社員を減らしアルバイトや派遣社員を増やすことです。

 

 

 

また最近の若者の労働に対する意識も変わってきました。

 

拘束される正社員よりも自由なフリーターをやっている方が気楽という意識です。

 

 

 

経済力よりも自由な時間を楽しむという価値観を持つ若者も昔よりも増えてきております。

 

 

 

その為にアルバイトとか派遣社員などの低賃金だけど拘束されない労働形態を選ぶ人が多くなっています。

 

 

 

今後の日本は、その傾向がどんどん強くなりアルバイト勤務のフリーターはさらに激増していくはずです。

 

おそらく労働者の50%以上はアルバイトなどの非正規雇用となるかもしれません。

 

 

 

キャッシング業界もその動向を見越してか、「アルバイトでも可」とするキャッシング会社が増えております。

 

 

なぜなら、今後更に減っていくであろう正社員、そして今後更に増えていくであろうアルバイト

 

 

キャッシング会社も減っていくであろう正社員だけを顧客としていては商売にならなくなってくるからです。

 

今後増えていくであろうアルバイト勤務の人を顧客として囲っておいた方がキャッシング会社も売り上げが上がるからです。

 

 

アルバイトは消費者金融の審査に不利か?

インターネットのキャッシング比較サイトとかキャッシング情報サイトでは「アルバイトは審査に不利」とか「アルバイトは審査に落ちやすい」など書かれているのを見かけます。

 

 

しかし、それは本当でしょうか?

 

 

 

これは、あまり信憑性がありません。

 

アルバイトだからと言ってキャッシングの審査が難しくなるとか、審査に落ちやすいということはありません。

 

 

 

要は「その人の返済能力」です。

 

 

 

アルバイト勤務の人でも収入が高くて安定した人もいます。

 

また勤続年数が5年〜10年、月収20万円〜30万円という正社員なみのアルバイトの人もたくさんいます

 

 

 

逆に正社員の人でも、収入が安定していない人もいますし、勤続年数が1年未満の人もいます。

 

そういう人はたとえ正社員でもキャッシングの審査は不利と言えます。

 

 

 

 

キャッシング会社は審査時に申し込んできたお客さんの属性や信用情報、年収など事細かく審査を行い、そのお客さんの返済能力をチェックします。

 

 

だからアルバイト勤務のフリーターでも返済能力があると判断すれば審査に通しますし、逆に正社員でも返済能力が無いと判断すれば審査に落とします。

 

 

 

現在のキャッシングは「雇用形態よりも返済能力」と覚えておきましょう。

 

 

キャッシングではアルバイトは借り入れ限度額が少ないって本当?

ネットのキャッシング情報でよく「アルバイトは借りれる限度額が少ない」と書かれているのを見かけますが、これは本当でしょうか?

 

 

 

これは半分当たっていますが、半分は間違いです!

 

 

キャッシングの限度額は年収(月収)で決まります。

 

 

 

年収が多ければ多いほど、それだけ多くの限度額を借りれるようになっています。

 

逆に年収が少なければ少ないほど、それだけ限度額お少なくなります。

 

 

 

 

正社員の人は基本フルタイム勤務ですし、ボーナスなども貰える事が多い。

 

だから年収は必然的に多くなるのでキャッシングの限度額もそれだけ多く得られるわけです。

 

 

 

逆にアルバイト勤務の人は週に3回とか1日4時間までといった勤務形態の人が多いので、その分だけ年収が少なくなります。

 

結果的にアルバイトは限度額が少なくなるわけです。

 

 

 

しかし、一方でアルバイトの人でも正社員並みに働いている人もいます。

 

レギュラー勤務でフルタイム。

 

 

 

月収30万円、年収400万円というアルバイトの人もいます。

 

そういうアルバイトとしては高収入で安定収入がある人は当然、キャッシングの限度額も多く借りれます。

 

 

 

アルバイトでも初回から限度額50万円を借りれる人も結構おります。

 

 

 

 

だから「アルバイトだから限度額が少ない」とか「アルバイトだからあまり借りれない」というのは関係ありません。